『堕ちる天使』vol.1──DISTANCE

公開:2005年09月19日  最終更新:2007年03月02日
墜ちる天使の商品画像

ジェーシー出版から2005年7月刊行。3冊も続いた人気作ミカエル計画とおなじく、男の子が女の子になっちゃうモチーフを扱ったお話ですが、そこはDISTANCEらしく、設定に前回とは異なるひねりが入っています。ひとことで言うと、ふしぎなメルモ型とおれがあいつであいつがおれで型(大林宣彦転校生型と言ったほうが通りが良いか)の違いというか。

DISTANCEはとろけそうに柔らかそうなおっぱいと、快感にとろけた女性の表情の描写に定評のある作家。ストーリー性の強い長編を描くことでも有名です。

ストーリーは──頭をぶつけたショックで美人の女の子と精神が入れ替わってしまったらしい男の子が、女としていろんな体験をしちゃう、というもの。「らしい」という書きかたをしたのは、男の子の体の中に入っているのは男の子本人の精神で、女の子の精神がどこかへ行方不明になっている、という事情があるからです。「入れ替え」じゃなくて「コピー」と言ったほうが状況として正しいのかも。

序盤はストーリー要素が強くてエロシーンがばらけたような印象のあったミカエル計画とは違い、堕ちる天使は1巻目から濃厚なエロシーンが展開されます。

PCに保存されていた本人のハメ撮りビデオを観ながらの初オナニーで女性の快感に目覚め、恋人らしき変態教師にラブホテルで挿入され、どうにもならない快楽に流されるままに涙を流し、合コンで偶然出会った奥手な自分自身をリードして夜の浜辺で初体験を遂げさせ、更衣室で変態教師に迫られてスクール水着姿の全身を弄ばれ、無理矢理フェラチオをさせられているうちに男性器の味に酔って自分から膣出しをせがみ、興奮冷め遣らぬまま乗車したバスのなかで痴漢に襲われて挿入の誘惑に堕ちかけ……という流れ。序盤のターゲットをメインヒロインひとりに絞っているのもよい効果をあげています。

[ Permalink ][ View Comments ]
blog comments powered by Disqus