『留守家庭子供会』──久富慎太郎

公開:2006年01月24日  最終更新:2007年03月06日
留守家庭子供会の商品画像

留守家庭子供会は2006年11月にモエールパブリッシングから発刊された、久富慎太郎5冊目の単行本。4冊目となる拘束天使(→レビュー)とほぼ同時期に描かれた、単行本未収録の短編が収録されています。

収録作はヘンルーダの草チョウセン朝顔の種けしの花冠ニオイの元は?頭上の滴遊戯教室の夜おしえてはぐぐむオリーブの滴万美ちゃん日記左足の想いの10本。巻頭に折り込みカラーイラスト1P, 巻末に作者コメントがあります。

画像(ニオイの元は? / 久富慎太郎)
洗濯のとちゅうで想い人の下着を発見し、おもわず臭ってしまう少女。この後、パンツの臭いを嗅ぎながらオナニーしちゃいます。(ニオイの元は?

既刊未収録作、ということもあって、説明不足だったり、あるいは荒々しいほどに奔放な変態性を披露しながらも、「抜ける」作品に昇華しきれていない作品が散見されます。拘束天使とネタ的にかぶっている作品もあり。系統図を引くなら、変態っ娘は好きですか留守家庭子供会拘束天使の順に線を描いたほうが、むしろぴったり来るかもしれません。

[ Permalink ][ View Comments ]
blog comments powered by Disqus