『おんなのこ遊戯 〜TSF catalog〜』――谷口さん

記事公開:2012年09月24日 最終更新:2012年11月03日
おんなのこ遊戯 〜TSF catalog〜の商品画像

(※この記事は、単行本発売前に書かれた『今週発売される成年コミック』を更新 (2012/09/24〜09/30)からの抜粋に、雑誌掲載時の感想を追加したものです。紹介した内容は、単行本で加筆・修正・変更・削除されている可能性があります。ご注意ください。記事の末尾に参考情報コメント欄があります)

おんなのこ遊戯 〜TSF catalog〜谷口さんの初単行本。キルタイムコミュニケーションの雑誌コミックアンリアルやアンソロジー本に掲載された作品が収録されています。

画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)
皮被り☆一日アイドル

単行本のタイトル通り、中心となるのはTSF――すなわち、女性への性転換・女体化もの。ひとくちに女体化と言っても、憑依や精神入れ替え、変身、皮モノなど、さまざまな切り口の作品が用意されており、「カタログ」の名に恥じない出来となっております。

画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)
皮被り☆一日アイドル

収録作のひとつ皮被り☆一日アイドルは、女体化業界で最近勢力を拡大しつつある辺境勢力、皮モノ系。

受け持ちのアイドルさんから仕事に疲れたと悩みを相談されたマネージャー青年が、彼女そっくりに作られた「皮」をかぶって、一日彼女になりきるところからはじまるお話なのですが、その途中、プロデューサーからドラマの大役をちらつかせた彼/彼女は、役を得るため、アイドルさん本人にかわって「交流会」に出向く決意を。

画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)
皮被り☆一日アイドル

予想通りおち○ぽを突きつけられて、最初は「直接触らないで済む」からとパイズリを選択したはずが、濡れているのを指摘されておま○こ挿入を決められ、「男のときより断然凄い」と、女の快楽に酔いまくり。集団へのご奉仕を強要されて、自分が憧れの女性になって痴態を晒し、皆から愛される状況に感応して、集団ぶっかけを決められつつ絶頂。すべてがアイドルさんの計略だったとも知らず、お尻の穴も使ってと、自分からおねだりしちゃったりも……?!

画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)
皮被り☆一日アイドル

「理想の性になれる」TSの要素に、「理想の相手になれる」同一化願望がプラスされているところは、憑依・入れ替え系と共通していますが、相手と肌と肌を触れ合わせ、文字通りに身に纏う、身体的なエロティシズムがプラスされているのが、皮モノTSのポイントのひとつ。

画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)
皮被り☆一日アイドル

皮まわりの設定全般がファンタジーすぎたり、非着用状態の「皮」の外見がキモかったりするのが、現状辺境勢力にとどまっている理由の一部かと思われますが、着脱可能であり、着る皮を換えれば誰にでもなれる――という「皮」のコンセプトには、TSをコモディティ化したい願望が反映されているようで興味深いところ。

いつでも元の姿に戻れるはずだったのに、騙されて、あるいは快楽に飲み込まれて後戻りできなくなってしまう定番の展開も、妖しくてよろしげです。

画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)
皮被り☆一日アイドル

皮被り☆一日アイドルの場合、変身対象がアイドルであるおかげで、衣装が非日常的で華やかなものになっているところも、気分を盛り上げていて良い感じ。TS・女体化好きならチェックしときましょう。

おんなのこ遊戯 〜TSF catalog〜収録作品:お憑かれさまです、風紀委員長/俺がお前DAY お前が俺DAY/従順な妹のつくりかた/ドコでもナンでもトランスふぉ〜む/続 ドコでもナンでもトランスふぉ〜む/しすプロ -Sister Produce-/Body Snatcher/ドールと私と交歓遊戯/皮被り☆一日アイドル

雑誌掲載時の感想

  • 皮被り☆一日アイドル(『コミックアンリアル』Vol.38――2012年07月14日)  [アイドル, マネージャー, 白パンツ, パイズリ, 陶酔, ぶっかけ, 性転換, 巨乳, 性欲, , 手コキ, ミニスカート, 長手袋, 着替え, 華やか, ...]  <DMMで雑誌本体の電子書籍が販売中>
    画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)

    売り出し中の新人アイドルさんに魅せられるあまり、「彼女が人気になる為なら僕はなんでもする」とまで思い詰めているマネージャー青年。ある日、疲労困憊した彼女から、「明日だけ…休みたいデス」と弱音を吐かれて、「明日の撮影も穴を空けるわけにはいかない」と励ますのですが、アイドルさんは、「マネージャーさんが一日私の身代わりをして下さい」と、不思議な提案を……?!

    画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)

    えろあきちゃん:

    • 淡色髪ロング・毛先ふわ・ミニツインテールのアイドルさんが取り出したもの、それは以前作ってもらったという彼女そっくりの「皮」でした
    • どう見てもサイズが合わないと躊躇する青年ですが、アイドルさんに押し切られて、着ぐるみあるいは全身タイツ的な「それ」に身を通す羽目に
    • 「最後の仕上げ」と、アイドルさんがさっき引き上げたばかりのバックファスナーをペリペリと剥がすと、スーツの締め付け感がなくなり、触覚もそのまま伝わってくるばかりか、声まで変わってしまいます
    画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)
    • チョーカー・ネックレス・オフショルダーのブラチラトップス・チェックガラスのミニスカート・白パンツ・濃色ハイサイソックス姿で、アイドルさん本人のふりをして撮影に挑むことになった彼は、巨乳に「刺さる」周囲の視線に疲労困憊
    • しかし、視線を浴びたせいか身体が熱くなって、ついパンツ越しにあそこをいじり始めてしまいます
    • いつも盗み見ていたおっぱいを揉みしだきながら、好きな娘の身体を好きにできる幸福に酔いしれた彼は、「私 マネージャーの事を思うと…身体が熱くなっちゃうんですぅ♥」と願望演技。鏡に映る自分の姿にうっとり見とれながら絶頂してしまいますが……?
    • そこで有名プロデューサーが楽屋訪問。ドラマの大役をちらつかせて、役を得たいなら「交流会」に参加してほしいと持ちかけます
    画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)
    • アイドルさん本人に肉体接待をさせる訳にはいかない――と、自分が犠牲になる覚悟を決めたマネージャー青年は、「皮」を被ったまま、チューブトップのコルセット風トップス・ロンググローブ・フリルスカート・ガーターベルト・白パンツ・ストッキングに着替えて彼らの前に
    • さっそくおち○ぽを突きつけられて、「口でなんか御免」と躊躇し、直接触らないで済むからとパイズリを選択。おっぱいを褒められてお礼を述べつつ乳奉仕に励みますが……
    • 別の男性から白パンツをずり下げられて、あそこが濡れていることを指摘され、狼狽したところで顔射を決められてしまうことに
    • 気持ち悪いと嫌悪を覚えながらも、不思議な疼きを感じてしまった彼/彼女は、男からのしかかられて、そのままおま○こ挿入を決められてしまいます
    画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)
    • どうやら彼女は処女だったらしく、青年は「アイネの未来の為」と自分に言い聞かせながら、初めての衝撃を堪え忍ぶのですが、じつはこっそり媚薬を盛られていたせいで、次第に気持ちよくなってしまい
    • 「ずっと疼いていたおま○この奥が満たされてく感じ」に陶酔。「男のときより断然凄い」と、気持ちよくなること以外何も考えられなくなりますが
    • そこでスタッフ一同からおち○ぽを突きつけられて、集団への手コキやパイズリ、おま○こ交接を強要されちゃうことに
    • 「アイドルとして皆に愛される」悦びに酩酊した彼/彼女は、ぶっかけ精液にも歓喜の声を上げ
    画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)
    • ビデオカメラで撮影中の痴態をモニター越しに見せつけられて、ダブルピースしながらおち○ぽを欲張り握りする自分/彼女の姿に、「アイネがすっごくHな顔でおち○ちん感じてる」「僕が感じてる」「アイネしか知らないはずの快感を今感じてるんだ」と感応しまくり
    • 中出しと同時に集団ぶっかけを決められて、「お仕事もぉ 精子もぉ 全部ぜぇ〜んぶアイネに下さいぃ♥♥」と淫乱おねだりしながら絶頂
    • アイドルさんがすべてを承知で自分をはめたとも知らず、すっかり女としてのセックスにはまってしまい、「オマ○コだけじゃなくて今度はお尻も使ってぇ♥」と、自分からおねだりしちゃったりも……♥
    画像(皮被り☆一日アイドル  / 谷口さん)

    最近勢力を急拡大していると噂される皮モノTSヽ( ´∀`)ノ 前号に掲載されたDATEDeep Stalker前編の感想では、「皮は外見がキモい」と書いたのですけど、こちらの作品では、「皮」の外見が美少女の顔付きの着ぐるみ/ボディスーツ状なので、一見さんにもなじみやすそう。

    自分が理想の異性になりきるどころか、彼女がまだ知らないセックスの快楽に溺れて、彼女以上の「オンナ」になってしまう展開が、倒錯的にドリーミングヽ( ´∀`)ノ コスチュームも華やかで良い感じです。

参考


※下のコメント欄は、『今週発売される成年コミック』を更新 (2012/09/24〜09/30)との共用です。

blog comments powered by Disqus