『きゃすとあおい』――蛹虎次郎

記事公開:2012年05月21日 最終更新:2013年05月29日
きゃすとあおいの商品画像

(※この記事は、単行本発売前に書かれた『今週発売される成年コミック』を更新 (2012/05/21〜05/27)からの抜粋に、雑誌掲載時の感想を追加したものです。紹介した内容は、単行本で加筆・修正・変更・削除されている可能性があります。ご注意ください。記事の末尾に参考情報コメント欄があります)

きゃすとあおい蛹虎次郎の単行本。辰巳出版の雑誌COMICペンギンセレブに掲載された作品が収録されています。

画像(きゃすとあおい #1 / 蛹虎次郎)
きゃすとあおい #1

蛹虎次郎寝取られ系の作家さん。しかし、最初は望まずに行為に応じていた女性が、犯されるうちに次第に快楽に目覚め、憎んでいたはずの相手に肉体だけでなく心まで譲り渡してゆく過程が、悪夢的なくらい執拗にねっとりたっぷり描かれる、シリアスな徐々堕ち系ではなく、嫌がる女性がち○ぽを突っ込まれた途端、情けないアヘ顔を晒してち○ぽに狂乱する即堕ち系。

画像(姫とボス猿 #2 / 蛹虎次郎)
姫とボス猿 #2

「絶対チ○ポなんかに負けたりしない!」→「チ○ポには勝てなかったよ…」の過程が、2ページどころか下手をしたら2コマで展開されるとあっては、ギャグっぽい、リアリティに欠ける等の誹りは免れないところではありますが、しかし、インスタント陥落のインパクトと、それによって演出されるギャップが、なかなかに劇的かつ強烈であることも確か。あり得ないほどの快楽や、ち○ぽパワーのもの凄さを想像させて、これはこれで一つの路線としてアリなのです。

画像(姫とボス猿 #2 / 蛹虎次郎)
姫とボス猿 #2

女の子をプールへ連れ込んだ男の子が、水中でこっそりセックスするどころか、衆人環視のプールサイドで交接。それを見た周囲の男たちも、とがめ立てするどころか積極的に集団視姦や手コキで応戦し、絶頂と同時に集団ぶっかけを決めるが、全員何もおとがめなしで終わってしまう――等々、シチュエーションがたいがい荒唐無稽であるところもポイント。即堕ちのギャップをさらに盛り上げると同時に、そんな状況でも喜んでしまう女の子の多淫・ビッチ性も強調されています。

白目剥きや寄り目になった舌出しアヘ顔や、口内射精された精液を鼻から垂らしながらのダブルピース、頬にち○ぽの形状が浮かび上がる歯磨きフェラなど、変顔・エロ顔も大量登場。集団セックスに発展するケースも比較的多め。ぷりっぷりに丸みを帯びたグラマラスボディも見所です。

画像(きゃすとあおい #1 / 蛹虎次郎)
きゃすとあおい #1

表題作きゃすとあおいは、男女交際が禁止された演劇部に所属中なのに、こっそりイケメンくんとお付き合い中である眼鏡さんが、学園祭の劇のヒロインに選ばれたところから始まるお話。

瞳をぱっと輝かせ、彼氏とこっそり喜びあう眼鏡さんですが、顧問から、恋人役がキモデブ天パな先輩だと知らされてビックリ。しかし、「今回の劇は絶対に成功させたい」と意欲に燃える顧問の次の言葉は、さらに意外なもの。なんと、演技力を磨くために、夏休みの間キモデブくんと本当に付き合えと言うのです――!

画像(きゃすとあおい #1 / 蛹虎次郎)
きゃすとあおい #1

デートだからと、キモデブくんに校外に引っ張り出された眼鏡さんは、ファミレスのテーブルに潜ってのフェラ奉仕や、プリントシール機のブースに隠れての乳揉み記念撮影など、初日から激しいセクハラを受けるのですが、「ボクも鬼じゃない」と、おま○こには手出ししないことを約束したキモデブくんから、お尻の穴におち○ぽを挿入された途端、反応が激変。これは別人の演技をしているだけと自分に言い聞かせながらも、「こんなの初めて!」「これがセックス!」と、舌出しアヘ顔でアナルセックスに酔いしれてしまいます。

画像(きゃすとあおい #2 / 蛹虎次郎)
きゃすとあおい #2

続く第2話では、いよいよ夏休みに突入して、二人のお付き合いが本格化。V字スリングショットのブラジル水着でプールへ連れ出され、衆人環視の状況で犯された眼鏡さんは、「女優は見られるのも仕事だもんね」と自分を納得させて、痴女優演技に熱中。お尻にバイブを挿入したままノーパンミニスカ姿でボーリングに興じたり、花火大会の日に穴開きホットパンツで青姦したり、カラオケボックスでケツハメしながら熱唱したり――と次第にのめり込んで、最後は首輪を付けられてのお散歩を深夜の日課とするまでに。

画像(きゃすとあおい #2 / 蛹虎次郎)
きゃすとあおい #2

ここでよろしいのが、眼鏡さんの思考の変遷。最初は嫌がっていたのに、見られる悦びに目覚め、演技と本気の境目を見失って、自分でも気付かぬうちに、心の中でキモデブくんを「彼」と呼ぶようになり、カラオケボックスで店員から注意されて「ノリ悪い」と不平をこぼしたりも。最後はイケメンくんのことなど忘れてしまったかのように、キモデブくんを「ご主人様」と呼びながらお口奉仕に励み、それでいて自分の変化にまったく違和感を覚えていない様子が、読んでいてぞくぞく来ちゃうところです。

画像(きゃすとあおい #3 / 蛹虎次郎)
きゃすとあおい #3

第3話では、夏休みの間ずっとおあずけを食っていたイケメンくんに焦点が。ひさしぶりに連絡してきた眼鏡さんから、誕生日を祝ってもらえることになり、ひょっとしてと初体験の期待に胸を高鳴らせる彼ですが、なんと彼女のプレゼントはローションとオナホール。「処女をあげようと思ったんだけど まだ勇気が出なくて…」と言い訳する彼女に、オナホ手コキや疑似騎乗位で体よくあしらわれてしまいます。

イケメンくんが突然の眠気に襲われて気を失ったあと、クローゼットから現れたのは、もちろんすべてを計画したキモデブ先輩。甘えかかる眼鏡さんを鼻舐めであやしてやると、何も知らない彼氏がのんきに眠りこける直上で、偶然を装って彼女の処女を強奪します。

画像(きゃすとあおい #3 / 蛹虎次郎)
きゃすとあおい #3

さすがに我に返って慌てる眼鏡さんですが、すっかりエロく成長したボディが、おち○ぽパワーに抵抗できるはずもなく、挿入から1分もしないうちに前穴セックスの虜に。「ごめんね藤堂君 ずっと大切に守ってきた処女 ついに先輩に奪われちゃったぁ♡」「でも しょうがないよね」「先輩との恋人期間中だから♡」「先輩のモノだった記念にマーキングしてもらうね♡」と彼氏に謝罪しながら、寝取られセックスに没頭してしまうのです。

画像(きゃすとあおい #4 / 蛹虎次郎)
きゃすとあおい #4

ところが最終話、寝取りに執念を燃やしていたかに見えた先輩は、意外にも紳士的に、約束通り彼女を解放。眼鏡さんはイケメンくんとの恋人生活に戻ります。

しかし、一夏の間変態セックス漬けにされた彼女が、いまさら経験未熟なイケメンくんの自分勝手で淡泊なえっちに満足できるはずもなく、眼鏡さんは欲求不満を蓄積しまくり。学園祭当日、顧問から「役になりきって演じて来い!」とハッパをかけられて、おかしなスイッチが入ってしまい、大勢の観客が見守るステージ上で、キモデブ先輩との熱愛セックスを大胆披露してしまうことに――?!

画像(姫とボス猿 #2 / 蛹虎次郎)
姫とボス猿 #2

中編姫とボス猿は、クラス女子から絶大な人気と信頼を集めるリーダー格の女の子と、女子生徒から「猿」と嘲笑されるキモい中年教師のお話。

クラス女子の彼女に対する信奉ときたら、彼女が何の気なしに「男は醜いから嫌い」「女の子の方が断然好き」と漏らしただけで、私も私もと燃え上がって、クラス女子全員が相思相愛のレスボスの絆で結ばれてしまうほどですが、そんなリーダーさんは、じつは猿教師とある契約を締結中。二人きりの時は立場が逆転してしまい、屈辱に顔を歪めながらも、命令に絶対服従するしかない境遇なのです。

画像(姫とボス猿 #3 / 蛹虎次郎)
姫とボス猿 #3

しかし、汚れち○ぽ顔面打ち付けや、男子トイレでの生ハメ交接、制服を窓から投げ捨てられて、そのままの姿で回収してくるように命令される全裸露出校内徘徊指令、職員室の机の下にもぐってのお口奉仕、ローターを挿入したままでのノーパン登下校――といった生活を強いられるうち、彼女の心境は次第に変化。いままで仲間たちと興じていた猿教師イジメがちっとも楽しくなくなって、彼とのセックスを心待ちにするようになってしまいます。

画像(姫とボス猿 最終話 / 蛹虎次郎)
姫とボス猿 最終話

そんなある日、保健室で猿教師から犯されている最中に、内心を指摘されて逃げ場を失った女の子は、「お前が今一番欲しいものを教えてくれ」と持ちかけられて、「ち○ぽ」と即答。「一回言う度一回出し入れ」という契約に応じて、はしたなく淫語を連呼しますが、そこへ彼女を心配したクラス女子一同が訪問。セックスの快楽で脳を灼かれ理性を失ったリーダーさんは、ついに平静を装えなくなって、みんなの前でアヘ顔絶頂。床にへたり込んで肛門から精液を噴出してしまいますが、彼女の転落はまだまだ終わらず。

画像(姫とボス猿 最終話 / 蛹虎次郎)
姫とボス猿 最終話

なんと、性教育を名目にした生ハメビデオに出演して、クラス全員の前で自分の痴態を披露。それどころか目の前で猿教師と盛りはじめて、当てられた男子女子全員を巻き込んでの、クラス全員参加の大乱交に発展してしまうことに――?!

画像(姫とボス猿 最終話 / 蛹虎次郎)
姫とボス猿 最終話

寝取られ・アヘ顔・即堕ち好きなら要チェックの単行本。

そのいっぽう、非日常的なシチュエーションがあっけらかんと繰り広げられたあげく、唖然とするくらいハッピーに完結してしまうストーリーは、通常の寝取られモノに付き物である深刻な話運びやバッドエンドが苦手な層にもアピールするかも。エロ度は折紙付きです。

きゃすとあおい収録作品:姫とボス猿(#1/#2/#3/最終話)/きゃすとあおい(#1/#2/#3/#4)/憑きうらら(前編/後編)/あとがき

雑誌掲載時の感想

  • 姫とボス猿 #2(『COMICペンギンセレブ』2012年2月号――2012年01月12日)  [レズビアン, 水着, 教師, 放尿, ぶっかけ, パンツコキ, イラマチオ, ペニスバンド, アヘ顔, イジメ, プールサイド, アナル, クラスメイト, ストローク, 手マン, ...]  <DMMで電子書籍が販売中>

    クラスのリーダー格である女の子が何気なく漏らした「男は醜いから嫌い」「女の子の方が断然好き」という言葉が連鎖反応して、なぜか女子全員が相思相愛のレズ関係になってしまったクラス一同。水泳の授業中、猿顔のキモい中年教師を目隠し拘束した彼女たちは、プールサイドで水着半脱ぎになって集団レズに没頭するのですが、彼にことさら冷たく接するリーダーさんには、とある秘密が……?!

    画像(姫とボス猿 #2 / 蛹虎次郎)

    えろあきちゃん:

    色付き髪ロングストレートの女の子が、濃淡二色ツートンカラーの水着の上からペニスバンドを装着して、多人数レズで欲望を解放。ペニバンでアナルを犯しながら前穴と両乳房をおもちゃ責めして、クラスメイトにアヘ顔を晒させたり、拘束した男性教師のペニスめがけて三人並んだ女生徒が同時放尿し、それだけで相手を射精させたりとやりたい放題。

    画像(姫とボス猿 #2 / 蛹虎次郎)

    しかし、昼休み、人気のない階段の踊り場では、さっきまで小馬鹿にしていた猿教師のおち○ぽを顔面に打ち付けられて、悔しげに表情を歪めるリーダーさんの姿が。そのまま頭を押さえられて、腰を叩き付けられるイラマチオに持ち込まれ、苦しげなうめき声を上げつつも堪え忍びます。というのも、じつは彼女は、ふだん友人の前で彼を見下していいかわりに、二人きりの時は彼の言うなりになる契約を交わしていたからで……

    お尻突き出しポーズを取らされて、パンツのなかにおち○ぽを押し込まれるパンツコキや、弁当にザーメンドレッシングぶっかけ、男子トイレへ連れ込まれて服を剥かれ、リボンタイ&ストッキング残しの裸に……と、教師の責めに耐えつづけるリーダーさん。

    画像(姫とボス猿 #2 / 蛹虎次郎)

    腋舐め&手マンされながら、鏡に映った自分の姿を見せつけられて、「マン汁だらだらじゃないか」「イケナイ事するのがたまらなく楽しいんだろ?」と指摘されるリーダーさん。立ちバックで生ハメされて、「声出したら負けだ」と耐えようとしますが、数ストロークで我慢できなくなって、エロ声出して感じまくり。

    それどころか放尿までしてしまい、お尻をスパンキングされながら絶頂。直前引き抜きで、お尻や背中に精液をぶっかけられ、それどころか、トイレの窓から制服を投げ捨てられて、裸のまま取ってくるように命令されてしまったりも……?!

    画像(姫とボス猿 #2 / 蛹虎次郎)

    水着集団レズやアヘ顔、トリプル放尿やおち○ぽ顔面押し付け、イラマチオ、パンツコキや食物ぶっかけ、挿入されて即エロ化など、エロ展開がよろしげヽ( ´∀`)ノ 丸っこさ際立つむっちりボディも良い感じです。

  • 姫とボス猿 #3(『COMICペンギンセレブ』2012年3月号――2012年02月03日)  [教師, 絶頂, アナル, オナニー, がに股, ぶっかけ, 後背位, 廊下, 全裸, 正常位, ロングヘア, ノーパン, アナルセックス, 潮吹き, クラスメイト, ...]  <DMMで電子書籍が販売中>

    先月号のつづき。前回ラストで中年教師から命令されて、ほぼ全裸のままの姿で、捨てられた制服を取りに行く羽目になった女の子。授業中の教室を横目に、息を殺して廊下を通り抜けようとしますが……?!

    画像(姫とボス猿 #3 / 蛹虎次郎)

    えろあきちゃん:

    色付きロング髪ストレートの女の子が、リボンタイ・ハイソックス・ローファー残しというほぼマッパな格好で、生徒たちが壁一枚隔てたむこう側で勉学に励む授業中の廊下をスニーキング。

    画像(姫とボス猿 #3 / 蛹虎次郎)

    「バレたら終わり」「クラス一の人気者が授業サボって素っ裸で校内を徘徊?見つかれば天国から地獄だわ」と自分に言い聞かせますが、なぜか勝手に身体が熱くなってしまい。床に落ちた雫で水たまりができるくらい濡れまくり。

    頭では「こんな事してる場合じゃない」と思っているのに、指の動きが止められなくて、がに股でおま○この蜜音を響かせながらマンズリに没頭し、「こんな変態露出オナニー姿見られたら… 私…っ」とゾクゾクしながら、がに股開脚で潮吹き絶頂してしまいます。

    画像(姫とボス猿 #3 / 蛹虎次郎)

    間一髪のところで中年教師に助けられた女の子は、以来彼の「遊び」に毎日付き合わされることに。ある時は他の教師もいる職員室の机の下に潜ってフェラ&顔面ぶっかけ、またある時はノーパンであそこにローターを入れたまま登下校、ついには誰もいない自転車置き場にて、自転車のハンドルを支えにした立ちバックでアナル処女を奪われたりも。

    そんな生活を続けるうち、女の子は、あれだけ楽しんでやってたはずの中年教師イジメが、「これなら猿と二人で遊んだ方が…」と、全然楽しくなくなってしまうように。「ちょっと体調悪くて…」と保健室へ逃げ出したところで、後を追いかけるように中年教師が現れて、ベッドにて体操服まくり上げのブルマ股間破きで正常位交接がスタートします。

    画像(姫とボス猿 #3 / 蛹虎次郎)

    「本当にわしの命令を聞きたくないのなら常に友達と一緒にいるはず」と指摘されて、自分の欲望を否定できなくなった女の子は、「お前が今一番欲しいものを教えてくれ」「一回言う度一回出し入れしてやろうじゃないか」と持ちかけられて、「ち○ぽ」と即答。お尻突き上げの後背位でアナルに挿入されて白目を剥き、その後も「ち○ぽ♡」と連呼して、舌出しアヘ顔でアナル絶頂。

    そこへ心配したクラスメイトたちがやって来て、女の子はカーテンで下半身を隠した状態で応対する羽目になりますが、もちろんその間もアナルセックスは継続中。快楽で脳までヤられたしまった彼女は、「もうバレてもいいっ♡」「むしろ皆に教えてあげたい♡」「サイコーに気持ちいいとこんな顔になるんだよ♡」「馬鹿丸出しのアクメ顔見てえ♡」と独白しながら、姫の面目丸つぶれの情けないエロ顔でお尻絶頂。床にへたり込んでお尻の穴から精液を噴出する様子を、クラス女子全員に見せつけちゃいます。

    画像(姫とボス猿 #3 / 蛹虎次郎)

    あり得なさ全開のとんでもシチュエーションで女の子が即堕ちしてアヘ顔を晒す、蛹虎次郎の定番路線ヽ( ´∀`)ノ インスタントな堕ちっぷりは、決して逆らえない男性のおち○ぽパワーを象徴しているようでも、女の子の淫らさを強調しているようでもあって、これはこれでよろしげ。

    がに股オナニーや、体液まみれのおち○ぽを顔面に押し付けられたぶっかけフェイス、バカ顔セックスなど、エロ絵も良い感じですヽ( ´∀`)ノ

  • 姫とボス猿 最終話(『COMICペンギンセレブ』2012年4月号――2012年03月02日)  [教師, 撮影, アヘ顔, ブルマ, 乱交, 脅迫, たくし上げる, がに股, デカ尻, ピースサイン, 痴女, 尻叩き, 視聴覚室, 発情, 後背位, ...]  <DMMで電子書籍が販売中>

    先月号のつづき。男嫌いだったはずのクラスのリーダーさんが、キモい男性教師のおち○ぽに従順ご奉仕する姿を目の前で見せつけられて、混乱する女子一同。「姫は体調が悪いんだ」「明日になればきっといつもの姫が戻ってきてくれる」と、序列第二位の女の子が取りなして、その場はうやむやのうちに終わりますが、キモ教師にはまだ次の策が――?!

    画像(姫とボス猿 最終話 / 蛹虎次郎)

    えろあきちゃん:

    色付き髪ロングのツリ目娘が、体操服まくり上げ・ブルマ股間破き・白ハイソックス・上履き姿で、忌み嫌っていたはずの男性教師の前でひざまずくと、頬におち○ぽの形状浮き出るお掃除歯磨きフェラ。

    呆然とする取り巻き女子の前で、「この人は私に生ち○ぽの味を教えてくれた」と、穴開きブルマ着衣のまま対面座位でおち○ぽに跨がると、両腕を頭の後ろで組んだがに股開脚の挑発ポーズで、おっぱい振り乱しつつ上下ピストン。「生ち○ぽってマジで気持ちいいんだよ♡」「皆も一緒にしようよ♪」と勧誘しますが、冷たくあしらわれて、「え〜 みんなしないの?」と寂しそうな顔に。

    画像(姫とボス猿 最終話 / 蛹虎次郎)

    さて次の日、猿教師に視聴覚室へ呼び集められたクラス一同は、「セイコウに関する授業」なる名目で、いかがわしいビデオを鑑賞させられる羽目に。ビデオの中では、モザイクで目線を隠したどこかの痴女が、屈曲セルフ陰唇両開きしながら、「今日は私と一緒にセックスのお勉強しましょうね♡」と挨拶し、そのまま生ハメされてピースサインをしてみせるのですが――?!

    画像(姫とボス猿 最終話 / 蛹虎次郎)

    その女性がリーダーさんにくりそつであることに、クラス男女は騒然。しかし、脳の随までセックスの快感に取り憑かれたリーダーさんは、そんな状況でいきなり立ち上がると、パンツを半落としにして、「今のビデオで発情しちゃったぁ♡ もうヌレヌレで我慢できないの♡」と、生尻生ま○こを見せつける尻振りダンス。彼らの疑念を裏付けしてみせます。

    その後は、猿教師から「これができなかった奴は居残り」と脅されたのを言い訳にして、「授業なら仕方ない」と、男子生徒の一人が立ちバックで彼女に挿入。当然ながら、女子軍は「何してくれてんだ! うちらの姫に!」といきり立つのですが、「あいつの気持ちをわかってやったらどうだ?」と教師からそそのかされて、「そこまでさせたいなら誘いにのってやるわよ!」「実際にやってみれば男女のセックスがどんなものなのかわかるでしょ!」と、一斉に制服半脱ぎに。自分たちから男子生徒に覆い被さると、ついにクラス全員による大乱交が開幕フィーバー。

    画像(姫とボス猿 最終話 / 蛹虎次郎)

    生意気リーダーさんが男子生徒の精液で全身どろどろになれば、取り巻き女子一同は横一列で犯されながら、「調子に乗らないでよねあんたたち…」「お前らのち○ぽなんぞ大人のおもちゃに比べたら爪楊枝みたいなもん」「こんなド素人な腰使いじゃ私たち満足できない」と、相手を睨み付けたり中指を立てたり。しかしそんな彼女たちも、犯されるうちにち○ぽのことしか考えられなくなって、白目剥きのアヘ顔で、全員揃って本物ち○ぽに敗北してしまいます。

    以来すごく仲よしになったクラス一同は、暇さえあればあらゆる場所あらゆる格好でハメまくり。結局ほとんど全員が受験に失敗してしまい、リーダーさんは怒った母親からデカ尻をスパンキングされちゃったりも……?!

    画像(姫とボス猿 最終話 / 蛹虎次郎)

    荒唐無稽な状況でち○ぽを入れられた女の子が即堕ちしてアヘ顔を晒し、結果としてますます荒唐無稽な状況ができあがる蛹虎次郎の黄金路線は、ますます絶好調ヽ( ´∀`)ノ 険が強く男性を嫌悪していたはずの女の子がち○ぽに甘えまくる、劇的ビフォーアフターっぷりがなかなかです。クラス大乱交もお得感があって良い感じ。

  • きゃすとあおい #1(『COMICペンギンセレブ』2011年8月号――2011年07月06日)  [眼鏡, 恋人, アヘ顔, 顧問, 顔面射精, 不細工, 部員, , 素直, アナルセックス, ネクタイ, 寝取られ, 黒髪ツインテール, 半袖, 手コキ, ...]
    画像(きゃすとあおい #1 / 蛹虎次郎)

    新連載。学園祭でやる劇のヒロインに選ばれた眼鏡さん。部員同士の恋愛がご法度である演劇部で、部員の男の子とこっそり付き合っている彼女ですが、「今回の劇は絶対に成功させたい」「お前たち2人は夏休みの間 本当の恋人同士として振る舞い 演技力を磨いておけ」という顧問の意向により、夏休みの間、恋人役であるキモデブくんと、強制的に付き合わされることになってしまい――?!

    画像(きゃすとあおい #1 / 蛹虎次郎)

    えろあきちゃん:

    • 冒頭から、ファミレスのテーブルの下に潜って、キモ男子のおち○ぽに手コキやフェラを迫られる眼鏡さん。「食後のハミガキしよっか♪」とお口におち○ぽを突っ込まれ、頭を掴まれて顔射を決められる
    • 時間はちょっと戻って、恋人同士として振る舞うよう命令された眼鏡さんが、キモデブくんに誘われてゲームセンターに。プリクラを撮ろうと言われてブースに入りますが、「表情が固い」と、いきなりおっぱいオープンの刑
    画像(きゃすとあおい #1 / 蛹虎次郎)
    • おっぱいを揉まれて感じ顔になったところを撮影され、パイフェラを迫られて亀頭チロチロで即顔射
    • パンツずり下げのお尻突き出しポーズを強制され、隠れて男の子と付き合っていることを指摘されて抵抗不可能に。「ボクも鬼じゃないから」と、前穴はノータッチで、いきなりアナルに挿入されちゃうことに
    • 「信じられない 普段なら家で晩御飯を食べていた時間のはず」「それが今は好きでもない男の人にお尻を犯されている…」と呆然とする眼鏡さん。でも、一番信じられないのは、そんな状況に自分のカラダがどんどんいやらしく反応してきているコトで――!?
    画像(きゃすとあおい #1 / 蛹虎次郎)
    • 知らず知らずエロ顔になっていた眼鏡さんは、「素直に言わないと抜いちゃう」とカマをかけられただけで、自分から尻肉を割り開いて尻ハメおねだり。深くまで突き入れられて、「こんなの初めて!」「これがセックス!」と舌出しアヘ顔でアナル性感に酔いまくり
    • 演技にのめり込むあまり別人格になりきっているだけと自分に言い聞かせながら、対面ベロちゅーや、しーしーポーズに抱え上げられながらの片手ピースまで披露する眼鏡さん。最後は直腸射精を決められちゃうことに……!
    画像(きゃすとあおい #1 / 蛹虎次郎)

    黒髪ツインテール・眼鏡・三角セーラー襟の付いた半袖ブラウス・縞ネクタイ・プリーツスカート・花柄パンツ・濃色ハイソックス・ローファー姿の女の子が、強引にエロ行為を迫られるうちに感じてしまい、これは演技だと自分に言い訳しながらお尻セックスにはまっちゃう展開。


    顧問命令で逆らえなくなった女の子にいろいろやっちゃう卑劣シチュがヽ(´∀`)ノ 蛹虎次郎恒例の、寝取られテイスト溢れる即堕ち展開も、安定のよろしさです。

    奥手そうな外見の女の子が、嫌悪や戸惑いを浮かべながらエロ行為に耐える前半と、アナル処女を失ったばかりだというのにアヘ顔を晒しまくってえっちに没頭する後半のギャップも良い感じで、前後どちらの表情も魅力的です。

    蛹虎次郎は、初単行本あそばれ Dear Sex Friendが、6月10日に発売されたばかりです。

  • きゃすとあおい #2(『COMICペンギンセレブ』2011年9月号――2011年08月09日)  [先輩, 不細工, アナル, 恋人, 寝取られ, 白目, スリングショット水着, 眼鏡, 多淫, イケメン, プールサイド, ノーパン, 主人, ぶっかけ, アイドル, ...]

    先月号のつづき。役作りを重視する顧問の命令により、夏休みの間、好きでもないキモデブ先輩と擬似的に恋人を演じることになった眼鏡さん。夏休みの初日、先輩からプールに誘われた彼女は、「水着を忘れた」と嘘をついて、デートを中止に追い込もうとするのですが……?

    画像(きゃすとあおい #2 / 蛹虎次郎)

    えろあきちゃん:

    • 嘘をついたのが裏目に出て、ほとんど布地のないV字型のスリングショット水着でプールサイドを歩くことになった女の子。突き刺さる視線に耐えていたところ、友人たちと一緒に遊びに来ていた、秘密のお付き合い中であるイケメンくんと鉢合わせてしまいます
    • キモデブ先輩は、彼氏と白々しく会話しながら、見えないところで彼女の下半身をタッチ。女の子から憎々しげに睨まれても、どこ吹く風でふてぶてしくおさわりし……
    • カナヅチである彼女を幼児用の浅いプールに連れ込んで、平泳ぎのカエル足を実演させ、指導するふりをしてアナルに水中挿入。肥満ボディでのし掛かって腰を使いますが……?
    画像(きゃすとあおい #2 / 蛹虎次郎)
    • 女の子が甘声を出したせいで、周囲にギャラリーが集まりだして、青空の下での集団視姦状態に。しーしーポーズに抱えあげられ、公衆の面前で直腸射精を決められた女の子は、エロ演技のスイッチが入って、白目を剥いた茫然自失の表情のまま、脱力がに股立ちポーズで失禁してしまい……
    • ビーチチェアにふんぞり返ったキモデブくんのおち○ぽにアナル背面座位で跨がった状態で、ぐるりと取り囲んだ男たちのズリネタに。「私を見てあんなに必死に…」と感応してしまい、「女優は見られるのも仕事だもんね」と自分に言い聞かせて積極的に尻を振り立て運動。周囲のオッサンたちから、集団でぶっかけられて絶頂しちゃうことに……!
    • 別の日、キモデブ先輩とボーリングに出向くことになった女の子ですが、恥ずかしいところを見られる快感に目覚めた彼女は、ノーパンミニスカ姿でケツ穴にバイブをハメたまま玉転がし。視線を浴びるのがくせになっちゃいます
    画像(きゃすとあおい #2 / 蛹虎次郎)
    • また別の日、女の子は、先輩と一緒に年に一度の花火大会へ。どんどん大胆になる彼女の今夜の衣装は、なんと穴開きホットパンツ。花火を見ながらアナルセックスに没頭し……
    • 8月の中盤頃には、何の疑問も持たずに、先輩のことを「彼」だと思うように。カラオケボックスでアイドル風のコスチュームを着させられ、アナルにハメられながら熱唱し、あわてて止めに来た店員の声を聞き流しながら、「ノリ悪いなあ…」と不平をこぼしたりも
    • 8月終盤になると、犬耳カチューシャに首輪、全裸ニーソックス姿での夜のお散歩が日課に。「彼」からさらに進んで、思考の中でキモデブくんのことを「ご主人様」と呼ぶようになってしまった彼女が、ケツに突き立てられたバイブを振動させながらお口奉仕、口内射精を決められて、頬を膨らませ鼻から精液を溢れさせながら、白目剥き寄り目のダブルピース
    • そして夏休み最終日。「夏休みに入ってから電話やメールの内容がそっけない」「まさか浦野先輩と本当に付き合いだしたんじゃ」と心配していたイケメンくんの元に、彼女から、「今日誕生日だよね?」「私の家で2人きりでパーティしたいんだけど」「プレゼントも用意してるよ」というメールが。男の子は、やっぱり杞憂だったんだと浮かれはしゃぐのですが……というところで、次回へ続いてます
    画像(きゃすとあおい #2 / 蛹虎次郎)

    黒髪ツインテールで眼鏡の女の子が、「劇を成功させるため」と命令されて、強制的に彼氏彼女を演じさせられるうち、異常な状況に過適応。淫蕩性癖を開花させるのと同時に、虚実が入れ替わって、単なる役柄上の関係だったはずのキモデブ先輩のことを、本物の彼氏だと信じ込んでしまう寝取られ展開。


    序盤〜中盤で早々に淫乱スイッチがオンになってしまうのは、読者おのおのの所属する寝取られ流派によって、アリナシが分かれそうな気がしますが、夏休みの「デート」を通じて、じょじょに思考を作り変えられてゆく過程は、なかなかにナイスヽ( ´∀`)ノ

    最初は恥ずかしがっていたはずなのに、ノーパン姿を覗かれて感応したり、カラオケセックスをとがめる店員に「ノリ悪い」と反感を抱いたり、先輩のことを心の中でも「彼」「ご主人様」と呼ぶようになってゆく変化に、ゾクゾク来るよろしさがあります。


    スリングショット水着でのプールサイドウォーク、プール内での水中後背位挿入、集団ぶっかけなど、エロ絵もわりと決まっていますヽ( ´∀`)ノ

    蛹虎次郎は、初単行本あそばれ Dear Sex Friendが、6月に発売されたばかりです。

  • きゃすとあおい #3(『COMICペンギンセレブ』2011年10月号――2011年08月31日)  [眼鏡, 恋人, 先輩, 不細工, 騎乗位, ローション, ツインテール, オナホコキ, ぶっかけ, 手コキ, 占い, 手マン, 寝取られ, ビッチ, 後背位, ...]

    先月号のつづき。久しぶりに再会した眼鏡彼女との二人きりのバースデーに、浮かれまくる男の子。「ひょっとして今日 葵と…」と、皮算用に胸を高鳴らせますが、彼女の用意したプレゼントは、予想とちょっと違っていて……?

    画像(きゃすとあおい #3 / 蛹虎次郎)

    えろあきちゃん:

    あわよくばと都合のいいことを考えていた男の子の前に、眼鏡さんが笑顔で取り出したのは、なんとオナホールとローション。「使い方教えてあげるね♥」と彼のズボンを手際よく脱がせた眼鏡さんは、おち○ぽに顔を寄せて陶酔しつつ、「処女をあげようと思ったんだけど まだ勇気が出なくて…」と、上からローションを垂らして疑似ま○こをインサート。

    画像(きゃすとあおい #3 / 蛹虎次郎)

    「葵ってこんな大胆だっけ…?」「まるで経験者のような…」と戸惑う彼氏をよそに、オナホ手コキを開始して、「セックスの演技してみようよっ」と彼の胴に騎乗位で跨がると、パンツにオナホを挟んで疑似騎乗位を開始。彼に覆いかぶさりながら腰を使って、貫通型オナホから噴出したぶっかけ精液をボディで受け止めます。

    眼鏡さんがケーキに眠り薬を仕込んでいたせいで、男の子はそのままうたた寝を開始。すかさずクローゼットに潜んでいたキモデブ先輩が現れて、「葵ちゃんがあんまりエロい演技するもんだから5回もシコっちゃった」と、精液まみれのち○ぽを見せつけると、女の子はそれだけで発情し、押し切られるまま彼氏の前での行為を了承。指マンや鼻舐め、対面キスしながらの立ちスマタで前戯に励んで、おち○ぽをおねだりしますが……?

    画像(きゃすとあおい #3 / 蛹虎次郎)

    キモデブ先輩は、「しまった! 間違えてま○こに入れちゃった♡」と、偶然を装って彼女の処女をあっさり強奪。「抜いて下さい」と嫌がる彼女を、「せっかくだから楽しませてよ」「藤堂君の誕生日と葵ちゃんの処女喪失で今日はめでたい日ってコトで♪」と言いなだめつつピストンし、「予言しよう 葵ちゃんは今から1分以内にま○こセックスの虜になる」と、不敵に宣言。

    イケメンくんが、自分の拾ったタオルを「そんなの使ってたら浦野菌で葵まで豚になっちゃいそう」と馬鹿にしたことを思い出しながら、何も知らずに惰眠を貪る彼の頭上でガンガン立ちバック。「藤堂君 キミの言う通りだったよ」「葵ちゃんはこの夏休み浦野菌を浴びまくって 雌豚になっちゃったよ!」と、白目剥き舌出しのアヘ顔で感じまくる眼鏡さんを見下ろしながら、心の中で勝利宣言。

    予告どおりま○こセックスにハマりはじめた彼女のツインテールを引っぱりながら腰を打ち付けると、眼鏡さんは、「ごめんね藤堂君 ずっと大切に守ってきた処女 ついに先輩に奪われちゃったぁ♡」「でも しょうがないよね」「先輩との恋人期間中だから♡」「先輩のモノだった記念にマーキングしてもらうね♡」と、彼氏に謝罪しながらもセックスに没頭。直前引き抜きでお尻にぶっかけられ、約束通り、これにて歪んだ関係も終了となりますが……?

    画像(きゃすとあおい #3 / 蛹虎次郎)

    黒髪ロングツインテール・眼鏡・ノースリーブタートルネックのサマーセーター・ミニ丈プリーツスカート・白パンツ・濃色ニーソックス。彼氏のものをオナホコキ→薬で昏倒させた彼氏の真上での前穴寝取られセックス、と推移します。


    初体験を焦るがっつき男子をオナホコキに甘んじさせる代償行為や、ベッドで眠ってしまった彼の上で彼女の処女を奪い、情けないアヘ顔を晒させる寝取りセックスなど、卑劣感あふれるプレイがよろしげヽ( ´∀`)ノ パンツにオナホを挟んでの疑似騎乗位も、仕掛け人の悪意を感じさせつつ、絵的に珍しくて面白いです。

    彼女の前でキモデブ先輩を馬鹿にする彼氏くんの回想シーンを挿入したことにより、ルサンチマンを晴らす復讐劇的な味わいが出ているところもポイント。

    彼氏を陥れるのに手を貸したり、口では拒んでいたのに一瞬でおま○こセックスに溺れたり、「まだ夏休みだから先輩に犯されても文句は言えない」と言い訳したりと、ビッチ的な思考体系に染まりつつある眼鏡さんの言動も良い感じヽ( ´∀`)ノ

  • きゃすとあおい #4(『COMICペンギンセレブ』2011年11月号――2011年09月30日)  [眼鏡, 舞台, 先輩, , 不細工, 恋人, 顧問, 黒髪, ボテ腹, ノーパン, 欲求不満, 目隠し, エプロン, ヘッドドレス, オナニー, ...]
    画像(きゃすとあおい #4 / 蛹虎次郎)

    先月号のつづきで最終回。キモデブ先輩との疑似恋愛関係を終え、イケメン彼氏の元へ戻った眼鏡さん。しかし、さんざんアブノーマルなHを仕込まれた彼女は、彼の淡泊なセックスでは満足できず、欲求不満が募るばかり。学園祭当日を迎える頃には、頭の中がエロいコトでいっぱいになっていて……?!

    画像(きゃすとあおい #4 / 蛹虎次郎)

    えろあきちゃん:

    初エッチでは挿入即射精、その後は精力もテクニックもなく自分が気持ちよくなりたいだけの勝手なセックスをする彼氏に、本当のことを言い出せず、感じているふりを続けていた眼鏡さんが、舞台の始まる直前、演劇部の顧問から「夏休みの経験を活かし役になりきって演じて来い!」とハッパをかけられてスイッチオン。劇のクライマックスでキモデブ先輩から口づけされて脳みそが蕩けてしまい、大勢の観客が呆然と見守る前で、変態セックスを見せつけちゃいます。

    画像(きゃすとあおい #4 / 蛹虎次郎)

    舞台上で、キモデブ先輩が眼鏡を外した女の子に熱烈ベロちゅー→舌と舌が繋がる粘液ブリッジ→淫乱スイッチの入ってしまった女の子がノーパン尻を突き出して→後背位で挿入されて寄り目白目剥きのエロ顔に→目の前で始まった行為が信じられず、客席は当然ざわざわ→止めようとする部員たちですが、迫真の演技に打たれた顧問が「劇を台無しにする気か」と制止して→たまらなくなった観客たちは、おっぱいを揺らして感じまくる彼女を見ながら一斉にセンズリ→女の子は衆人環視の状況で中出し絶頂→この一件で学校を退学になった彼女はアダルトビデオ女優となり、目隠しボテ腹乱交の一部始終を撮影されるまでになりますが……?!

    画像(きゃすとあおい #4 / 蛹虎次郎)

    黒髪細ロングツインテール・ヘッドドレス・カラー・紐タイ・膨らみ袖のセパレートスリーブでチューブトップのメイド服・ハーフエプロン・白パンツ・濃色ハイソックス。


    舞台上での寝取り見せつけセックスが壮絶ヽ( ´∀`)ノ ただ、どろどろダークなシリアス路線ではなく、ぶっとびギャグっぽい展開になっています。

参考


※下のコメント欄は、『今週発売される成年コミック』を更新 (2012/05/21〜05/27)との共用です。

blog comments powered by Disqus